勤務先と勤務年数|おまとめローンの申し込みで注意したいこと

人の暮らしは度重なる出費の機会で満ちています。日頃の生活費や自宅の家賃、食費や仕事観連の交遊費に至るまで様々な支払いをこなしていくうちに自分の残金が残り少なくなったり、不足してそれ以上の捻出が困難となる場合もあるでしょう。そんな時に銀行や消費者金融のキャッシングやカードローンならば必要な金額を手軽かつ迅速に融資してもらうことが可能です。ただし各社からのこう言った借金が募ると、返済日も借り入れ額も金利もそれぞれに異なるので、一体いつまでにいくら返済すればいいのかわからなくなるもの。もしもこのような多重債務で首が回らなくなった時にはおまとめローンを活用して全てを一本化してみるのも一つの手でしょう。

おまとめローンとは、どこか金利の最も低い銀行や消費者金融の同サービスを見定めて申し込むことで、他の借金をすべてここから借り入れて完済し、あとはたった一つに絞ったおまとめローンを地道に返済していくというもの。金利も毎月の返済日もすべて一本化してあるので返済目標が立てやすくとても便利です。

ただしこのおまとめローンを利用する上では然るべき審査があります。まずはネットや電話、店舗窓口などで申請フォームに必要事項を記入。この時に重要になってくるものには勤務先やそこへの勤務年数などがあります。ここでなぜ勤務年数が重要なのかというと、ここで3年に満たない短期であればまだ十分に根を張っておらず、転職しやすいタイプと判断され信用度が下がるからです。逆に勤務年数が3年以上の場合にはそれなりに信用度が確保され、それがさらに高まるにつれて審査通過しやすくなるでしょう。

まずは一つの基準が勤務年数3年と言われていますので、もしもそれに満たない人はまずは3年を超えた時点で申し込んでみるというのも一つの手と言えるのではないでしょうか。
みずほ銀行カードローンがおまとめローンとしておすすめの理由とは?はこちら

Bolton