勤務先と勤務年数|おまとめローンの申し込みで注意したいこと

人の暮らしは度重なる出費の機会で満ちています。日頃の生活費や自宅の家賃、食費や仕事観連の交遊費に至るまで様々な支払いをこなしていくうちに自分の残金が残り少なくなったり、不足してそれ以上の捻出が困難となる場合もあるでしょう。そんな時に銀行や消費者金融のキャッシングやカードローンならば必要な金額を手軽かつ迅速に融資してもらうことが可能です。ただし各社からのこう言った借金が募ると、返済日も借り入れ額も金利もそれぞれに異なるので、一体いつまでにいくら返済すればいいのかわからなくなるもの。もしもこのような多重債務で首が回らなくなった時にはおまとめローンを活用して全てを一本化してみるのも一つの手でしょう。

おまとめローンとは、どこか金利の最も低い銀行や消費者金融の同サービスを見定めて申し込むことで、他の借金をすべてここから借り入れて完済し、あとはたった一つに絞ったおまとめローンを地道に返済していくというもの。金利も毎月の返済日もすべて一本化してあるので返済目標が立てやすくとても便利です。

ただしこのおまとめローンを利用する上では然るべき審査があります。まずはネットや電話、店舗窓口などで申請フォームに必要事項を記入。この時に重要になってくるものには勤務先やそこへの勤務年数などがあります。ここでなぜ勤務年数が重要なのかというと、ここで3年に満たない短期であればまだ十分に根を張っておらず、転職しやすいタイプと判断され信用度が下がるからです。逆に勤務年数が3年以上の場合にはそれなりに信用度が確保され、それがさらに高まるにつれて審査通過しやすくなるでしょう。

まずは一つの基準が勤務年数3年と言われていますので、もしもそれに満たない人はまずは3年を超えた時点で申し込んでみるというのも一つの手と言えるのではないでしょうか。
みずほ銀行カードローンがおまとめローンとしておすすめの理由とは?はこちら

銀行カードローンの審査に通る条件とは

銀行カードローンの審査に通る為には、少なくとも最低条件を満たしている必要があります。これは審査に通る為の条件と言うよりも「審査を申し込むための条件」と言えるものですが、「年齢と安定した収入」が銀行カードローンへ申し込みが出来る最低基準です。

この条件を満たしたうえで審査を申し込み、そこでより詳細な本人の情報を評価していきます。そして、最終的に融資可能な金額が残った場合には契約となり、晴れて銀行カードローンが利用出来る状態になります。

審査を通過売る為の条件は、冒頭で紹介している基本的なものの他にも様々なものがあります。例えば、「年収や勤続年収、債務状況」と言ったものは非常に大きな影響を与える要因ですが、それらの評価基準や結果などは銀行カードローンによって異なります。その為、全く同じ条件で受けた審査であっても融資が決定することもあれば、残念ながら断られてしまうこともあります。

また、契約後に割り当てられる利用上限金額や金利にも違いが出ます。上限金額が違えば金利が違うのは当然ですが、であればより良い条件で利用できそうな銀行カードローンを優先して申し込むということが重要になってくることが理解できるでしょう。

年収や勤続年数、債務状況と言った情報は自己申告での確認がメインですが、加えて「個人信用情報機関」でも確認を行います。ここには様々な情報が登録されている可能性がある為、「ここにネガティブな情報が無いこと」も審査を通過する上では非常に重要な影響を与えます。
参照サイト

モビットの申込で電話の着信音が気になる時は

キャッシングの申込をするとき、携帯電話に着信が有るのが気になるというかたもおられますが、モビットの「WEB完結申込」なら電話での連絡ではなくメールによる連絡になりますのでメールの着信音を消しておけば安心して申込ができます。

モビットは三井住友銀行グループの傘下にある消費者金融で、特に即日融資に対応した大手消費者金融として口コミやランキングサイトでも人気があります。

モビットの「WEB完結申込」はペーパーレスとなっているため、契約書の発行はありませんし、インターネット上で振込依頼をするのでカードの発行もありません。
申込は年齢が20歳以上で65歳以下の安定した収入のあるかたが条件になり、パートをしている兼業主婦のかたやアルバイトをしている学生でも申込ができます。
ただ、総量規制の関係から無収入の専業主婦のかたは申込ができません。

「WEB完結申込」で申込むときは事前に確認しておかなければならないことや用意しておく書類があります。
三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に個人名義の口座が有ること。
必要書類として、本人確認書類として運転免許証またはパスポートなどの写し、収入証明書類として源泉徴収票や所得証明書、直近2カ月分の給与明細書など、勤務先を確認するための社会保険証または組合保険証、所得証明書類に給与明細書以外を提出する場合は直近1カ月分の給与明細書が必要になります。
ただし、国民保険証の場合は「WEB完結申込」からの申し込みはできないので「カード申込」からの申込になります。
モビット即日融資申し込み方法ポイントまとめ【条件・時間】はこちら

消費者金融のatmの使い方

消費者金融のatmの使い方に関して、少し知っておかないといけないことがあります。店舗のなかには無人契約機とatmが設置されており、無料で利用することができます。手数料を掛けずに消費者金融を利用したいのであれば、店舗に直接行って利用することをおすすめします。

コンビニでも利用することができるのが消費者金融であり、その点は大変利便性が高くなりますが、ひとつだけ大きなデメリットが生じます。利用するたびに手数料が掛かることを知っておきましょう。1万円未満は108円、以上になると216円になりますので、大きな手数料になることがわかるでしょう。多くの人が返済で利用することが多く、1万円以上の返済になると、毎月216円の手数料が掛かり、仮に1年返済し続けたことになると2592円の利用手数料だけで取られてしまう計算になります。そのようなことにならないためにもコンビニの利用はよく注意しておかなければなりません。

消費者金融の店舗にあるatmであれば無料で利用できますが、その他にも手数料が掛からない方法があります。特に返済の場合は、インターネットバンキングを利用すると良いでしょう。多くの消費者金融がペイジーで返済できるようになっています。これを利用すれば、無料で返済をすることができるようになります。大変利便性が高い貸金業者になりますが、使い方について知っておかないと損をしてしまうこともありますので注意してください。
http://syouhisyakinyu-god.com/

銀行でカードローンする際の注意点

急な出費でお金が必要になった時は金融機関から借りるのが便利ですが、どこを利用してもうまくいくというわけではありません。例えば怪しい業者を利用してしまうと無理な取り立てを受けることがあるので、信頼のできる金融機関を利用することが大事です。

では信頼できる金融機関にはどんなところがあるかというと銀行があり、この業者を利用したカードローンは金利が安いため使いやすいです。この金融機関は他の業者に比べていい条件でお金を借りることができ、返済をする時の負担を軽減できる特徴があります。ただ同時に注意点も存在していて、それはこの金融機関を利用する時の審査が厳しいことです。

金融機関を利用する時は審査を受けてそれを通らないといけませんが、銀行はその審査が厳しい傾向が存在します。そのためお金が必要になって銀行でカードローンの手続きをしたのに、お金を借りられないということになることもあります。そのような所がありますからこの金融機関を利用する場合は、自分が審査に通りやすいかどうかを判断した方がいいです。

基本的に銀行ではある程度の収入があって、安定した仕事をしていればお金を貸してくれます。その時に過去の借入返済についてもチェックをされるので、そのようなことで問題を起こしていなければお金を借りる事ができます。またこの金融機関を利用する場合は住宅ローンなどの借入も問題になるので、そういうことについても対応をしておいたほうがいいです。